【米国はこう見ている】メジャーで最も空振りを奪った投手は? 日本人投手もトップ5にランクイン
2015.07.03
インディアンスに所属するカルロス・カラスコ投手が1日(日本時間2日)のレイズ戦で9回2死までノーヒットノーランを続け、13三振を奪う好投を見せた。この試合で右腕が相手打者から計30回の空振りを奪ったことを受け、米メディアが2009年以降、1試合で最も空振りを奪った投手をランキング形式で紹介している。
20150703_darvish

photo Yukihito Taguchi

インディアンス右腕カラスコが1試合で30回の空振りを奪う

 インディアンスに所属するカルロス・カラスコ投手が1日(日本時間2日)のレイズ戦で9回2死までノーヒットノーランを続け、13三振を奪う好投を見せた。この試合で右腕が相手打者から計30回の空振りを奪ったことを受け、米メディアが2009年以降、1試合で最も空振りを奪った投手をランキング形式で紹介している。

 カラスコはあと少しで偉業達成というところまでこぎ着けながら、9回に四死球を出し、1死一、三塁からバトラーにセンター前ヒットを浴びて失点。ここで降板となったが、チームを8-1の勝利に導く好投は高い評価を受けている。

 記事によると、13三振を奪った試合でカラスコはレイズ打線相手に30回の空振りを記録。空振りを奪った率は45パーセントだったという。一方、メジャー打者が1試合で空振りする割合は平均21・6パーセントで5球に1球というペース。「メジャーの打者は世の中が思うほど空振りをしないものだ」と言及されている中で、カラスコはメジャー平均の実に2倍の空振りを奪ったことになる。

 特集の中では、2009年以降、1試合で最も空振りを奪った投手を「アンタッチャブル(ボールに当てることができない)」と題してランキング形式で掲載。ボールにバットを当てることを許さない能力を紹介している。



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月