野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 第2次政権にピリオド 巨人・原監督が最後の起用で見せた選手への思い

第2次政権にピリオド 巨人・原監督が最後の起用で見せた選手への思い

2015年の読売ジャイアンツの戦いが終わった。クライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージに進出したが、リーグ覇者のヤクルトに1勝しかできずに敗退。これは2006年から続いた原政権の最後の戦いでもあった。試合後、巨人・原辰徳監督は辞意を申し入れた。

巨人

試合後に辞意を申し入れた原監督、最後の試合は今季を象徴する試合に

 2015年の読売ジャイアンツの戦いが終わった。クライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージに進出したが、リーグ覇者のヤクルトに1勝しかできずに敗退。これは2006年から続いた原政権の最後の戦いでもあった。

 試合後、巨人・原辰徳監督は辞意を申し入れた。2013年オフに新たに2年契約を結び、今年で契約が満了。2006年からの10年間の第2次政権では6度のリーグ優勝。2度の日本一を果たした。

 CS最終ステージでは2試合連続完封負けをするなど、バッティングが奮わなかった。「打線が1点も取れなくては…」と嘆いたように、17日の試合で阿部に2点タイムリーが出るまでは25イニング連続無得点。内野ゴロ1本で得点が入るような絶好機でもポップフライが続くなど、シーズンを象徴するような戦いだった。

 2012年からのリーグ優勝を支えたのは、阿部慎之助、村田修一、坂本勇人、長野久義といった、原監督が言うところの「枢軸」の4人の打者だった。阿部はCSファイナルステージでは16打数11安打、6割8分8厘と安打を量産したが、村田や長野は守備のミスにチャンスで凡退と足を引っ張った。坂本も初戦で勝ち越し本塁打を放ったが、なかなか阿部の前に出塁できなかった。

人気記事ランキング