野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今季戦力外も「まだ絶対にいける」― もう一花咲かせられる選手は?

今季戦力外も「まだ絶対にいける」― もう一花咲かせられる選手は?

戦力外となった中でも、まだ十分に力を秘めている選手、もう一花咲かせられる日本人選手は誰なのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍してきた野球解説者の野口寿浩氏が解説する。

20150930_sakaguchi2

大物も含まれる今季戦力外…まだ輝ける選手、活躍できる球団は?

 日本シリーズが終わり、プロ野球はオフシーズンに突入した。フリーエージェント(FA)権を取得した選手の去就について様々な報道が出る中、戦力外となった選手の今後にも大きな注目が集まっている。今オフも大物の名前が含まれており、他にも確かな実績がある選手や、才能を発揮しきれずに放出された若手がいるだけに、ニーズに合わせて獲得に動く球団は間違いなくあるだろう。

 では、戦力外となった中でも、まだ十分に力を秘めている選手、もう一花咲かせられる日本人選手は誰なのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍してきた野球解説者の野口寿浩氏は、真っ先に巨人を戦力外となった久保裕也の名前を挙げた。

「まだ絶対に(他球団で)いけると思いますよ。名前だけで抑えられるピッチャーと言ったら、今年の戦力外の中では久保が筆頭ですからね」

 すでに複数球団が興味を示しているとの報道もあるが、その力は健在との見方は多いようだ。さらに、同じ中継ぎ右腕では藤江均(前楽天)、平野将光(前西武)も十分に戦力になりうる投手だという。

「使い方によっては絶対に面白いのが藤江ですね。球は速くないですけど、コントロールがいいですから。変化球も多彩です。カーブ、カットのようなスライダー、フォーク、チェンジアップ、シュートを投げられて、面白い存在です。DeNAが昨オフに戦力外にして、楽天が拾いましたけど、その時もDeNAはピッチャーがいないのに、なんで切ったんだろうという感じでしたから。自分が現役の時には、西武の平野はチャンスをもらえずに2軍のエースだったんですけど、シュート、スライダーがメインで、いいピッチャーですよ」

人気記事ランキング