ロッテを退団後に活躍した例も… 今年も可能性を秘めた選手が戦力外に
2015.11.03
5年周期の「ゴールデンイヤー」で2015年シーズを迎えたロッテ。終盤戦は西武との激しいデッドヒートを制してクライマックス・シリーズ(CS)にも進出。ソフトバンクの壁は高かったものの、エース涌井の熱投などファンの心に残るシーンも数多くあった。
20151103_ito

勝利の方程式を支えた、カルロス・ロサも退団へ

 5年周期の「ゴールデンイヤー」で2015年シーズを迎えたロッテ。終盤戦は西武との激しいデッドヒートを制してクライマックス・シリーズ(CS)にも進出。ソフトバンクの壁は高かったものの、エース涌井の熱投などファンの心に残るシーンも数多くあった。

 ただ、今季限りで戦力外となった選手もいる。

 決して突出した成績を残すプレーヤーはいなくとも、チーム力で戦うロッテには一芸に秀でた選手や育て上げた生え抜きが主力に定着するケースが多い。戦力が入れ替わり、伊東監督が就任4年目を迎える来季もますますの底上げが期待されている。

 あらためて、チームから去る主な選手の実績を振り返ってみよう。

○カルロス・ロサ(戦力外)

来日5年目。通算204試合に登板。5勝13敗79ホールド1セーブ、防御率2.96。ここ数年のロッテの勝利の方程式を支えてきたドミニカ出身の中継ぎ右腕。来日1年目の2011年には62試合に登板し、防御率2.08の好成績を記録。今季は交流戦以降失点するケースが増え、戦力外となったものの、獲得に手をあげる球団が現れることは大いに考えられる。

○チャッド・ハフマン(戦力外)

来日2年目。通算73試合出場。打率2割6分、4本塁打、28打点。成績以上にガッツ溢れるプレーと明るい性格で人気を集めた外野手。2013年オフに入団テストから加入し、1年目は67試合で打率2割7分、4本塁打を記録。堅実な外野守備と時折見せるダイビングキャッチでスタジアムを沸かせた。右打ちの外野手が補強ポイントのチームにとっては検討材料となりそうだ。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月