大谷の課題は「コマンド」と「200投球回」 日ハム復帰の吉井コーチが独自見解
2015.11.29
来季から4年ぶりに日本ハムに復帰する吉井理人投手コーチが、今季リーグ最多の15勝(5敗)を挙げ、最優秀防御率(2.24)、最高勝率(7割5分)の3冠に輝いた大谷翔平投手の課題について、独自の視点で見方を示した。
20151129_yoshii2

photo Shigeta Togashi

「(大谷の速球は)えげつない?」の質問にも「そう見えますか?」、 右腕の課題を明かす

 来季から4年ぶりに日本ハムに復帰する吉井理人投手コーチが29日、都内のホテルで就任会見を行い、今季リーグ最多の15勝(5敗)を挙げ、最優秀防御率(2.24)、最高勝率(7割5分)の3冠に輝いた大谷翔平投手の課題について、独自の視点で見方を示した。

「弱点よりも良いところをもっと伸ばしていきたい。その方が本人も楽しく取り組める。投手として中6日で回したいし、イニング数もできる限り多く投げさせたいと思っています」

 吉井氏は就任会見で、すでに日本を代表する投手に上り詰めている21歳に対する指導方針を明かした。

「順調に成長していると思います」としながらも「エースと言われるピッチャーは200イニングくらい投げないといけないので、まだ段階を追って成長しないといけない」と指摘。今季、160回2/3を投げた右腕の投球イニングの増加を課題に掲げた。

 ただ、その解決策は、単純にスタミナ面の向上や、登板間隔など起用法の変更ではないという。

 大谷の直球の威力について「えげつないのでは?」と記者から質問されると、吉井投手コーチは「そう見えますか? 個人的にはそうは思わないです」と答えた。球速こそ日本最速を誇り、素人目に“えげつない”直球を投げ込んでいるように見える右腕。しかし、大谷とは今季4戦で2勝1敗と勝ち越したホークスの元投手コーチは「もっと操れるようになると…」とさらなる伸びしろがあるとした。



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月