野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • マートン、ルナ…まだNPBで活躍が期待できる外国人助っ人は?【野手編】

マートン、ルナ…まだNPBで活躍が期待できる外国人助っ人は?【野手編】

今オフ、各球団から自由契約となった外国人選手の中で、「まだ日本で使える」野手がいないか、ヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAの4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏に分析してもらった。

20150624_baldiris

広島が獲得に動くと報じられたルナは「まだやる。どこかが獲ったほうがいい」

 今オフもNPBの各球団が新外国人獲得に動いている。阪神はパイレーツやブルージェイズでプレーしたマット・ヘイグ内野手と契約。正三塁手候補として期待されている。広島はジェイソン・プライディ外野手、中日はメジャーでの実績も十分なダヤン・ビシエド外野手、DeNAはジェイミー・ロマック内野手を獲得。さらに、巨人がメジャー通算122本塁打のギャレット・ジョーンズ外野手との契約に動いているとも一部で報じられており、セ・リーグではここまで野手の補強が目立つ。

 ただ、メジャーでの実績があっても、日本の野球に適応できるかは未知数。それならば、すでにNPBでの実績がある選手を獲得する方が、球団としては戦力の上積みを確実に計算できる。今オフ、各球団から自由契約となった外国人選手の中で、「まだ日本で使える」野手がいないか、ヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAの4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏に分析してもらった。

 まずは、すでに広島が獲得に動くとの報道も出ているエクトル・ルナ内野手。2013年に85試合出場で打率3割5分、14年は127試合で打率3割1分7厘とハイレベルな活躍を見せてきた。今季も134試合で打率2割9分2厘と極端に成績が落ちたわけではなかったが、シーズン終了後に中日から自由契約となった。

「ルナは行きどころがあるでしょうね。むしろ、どこかが獲った方がいい。中日、広島のつながりがあるので、広島でいいんじゃないでしょうか。(アレックス・)オチョアみたいに。故障だけ気をつけてくれれば、まだやりますよ」

 野口氏はこう予想。三塁、一塁の守備も悪くないだけに、広島にフィットする戦力だという。

「今の広島ならば、サードにはまると思いますけど、はめてしまうことによって堂林の成長が遅れてしまうかもしれない。今年の中日のように、三塁と一塁を両方やってもらう形になるのではないでしょうか。新井が今年のような活躍を出来ればいいですけど、そうでなければルナをファーストにしてもいい」

 同じ内野手では、DeNAから自由契約となったアーロム・バルディリスの去就も気になるところ。今季は打撃面で好不調の波が激しかった。守備力は確かなだけに、手を挙げる球団があってもおかしくないが……。

「良くも悪くも打撃成績はあんな感じで、しっかり守ってくれればよしと思っている球団ならば、(獲りに)いってもいいかもしれないですね。ただ、順番としてはルナのほうが上でしょう。(バルディリスは)シーズンが開幕してから途中でどこかが獲得して、NPBに戻ってくるという可能性もある選手ではないでしょうか。育成契約上がりなので、あの時の気持ちを思い出してやってほしいですね」

人気記事ランキング