野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今季リーグ最低打率の巨人は規定打席到達が2選手 坂本&長野の課題は?

今季リーグ最低打率の巨人は規定打席到達が2選手 坂本&長野の課題は?

27歳の内野手は今季、どのような課題を抱えていたのか。今回、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏に、今季の結果球の球種別成績、ヒートマップ(コース別打撃成績)を分析してもらった。

20151119_sakamoto

今季、坂本が苦手とした球種は?

 今季、リーグ4連覇を目指していた巨人はヤクルトに競り負け、2位に終わった。CSでもファイナルステージ敗退。今季限りで原監督が辞任を表明するなど、悔しいシーズンとなった。チーム防御率はリーグトップの2.78という結果だっただけに、リーグ最下位のチーム打率.243が大きく響いたといえる。

 今季、チームで規定打席に到達したのはわずか2人。そのうちチームトップの数字を残した坂本勇人でさえ、打率.269で終わっている。このことからも主力打者が期待通りの活躍を見せられなかったことが分かる。

 主将を任された坂本は今季、チーム最多タイの130試合に出場。11月には侍ジャパン日本代表の一員として世界野球「プレミア12」にも参加し、レギュラーとしてプレーした。しかし、レギュラーシーズンでは打率、本塁打ともに昨季を下回る結果に。また、四球がキャリアハイの65個だった反面、安打数は1軍に定着して以降最少の129本に終わっている。

 27歳の内野手は今季、どのような課題を抱えていたのか。今回、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏に、今季の結果球の球種別成績、ヒートマップ(コース別打撃成績)を分析してもらった。

人気記事ランキング