2015年は2選手が達成 来季2000安打到達の可能性がある選手は?
2015.12.27
2016年も節目の記録に到達する可能性がある選手たちがいる。最も近いのは広島の新井貴浩だ。今季終了時点で1971安打で2000安打まで残り29本となっている。
20151227_arai

photo Yuji Arakawa

今年は中日・和田、楽天・松井稼が到達

 ソフトバンクの日本一連覇で幕を閉じた2015年シーズンは西武・秋山翔吾のシーズン最多216安打やヤクルト山田哲人、ホークス柳田悠岐のトリプルスリー同時達成など多くの見どころがあった年でもあった。

 今年は名球界入りの資格の一つとなる2000安打を達成した選手も2人出た。

 偉業まで残り15本でシーズンを迎えた中日・和田一浩は6月11日のロッテ戦で初回に先制の2点タイムリー、2回の第2打席でレフト前ヒットを放ち、史上45人目となる2000安打を達成。ヒーローインタビューで「まさかこの数字に到達できるとはプロに入ったころは思っていなかったので、よくここまでこれたと思っています」と感慨深げに振り返った。和田は最終的に2050本まで安打を積み上げ、43歳で現役を退いた。

 一方、楽天・松井稼頭央は残り80本でシーズンに入り、7月28日のソフトバンク戦の第1打席でセンター前に弾き返し、史上46人目の偉業を達成。「あくまで2000という数字は通過点なので、これからもその数字を伸ばしていきたい」と話した。今季を終えて2034本、日米通算では2649本に安打数を伸ばしている。



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月