野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 衝撃の男気復帰から1年、黒田博樹の「MLB→NPB」における投球の変化とは

衝撃の男気復帰から1年、黒田博樹の「MLB→NPB」における投球の変化とは

昨年の12月27日、黒田博樹がMLB球団からの巨額のオファーを蹴り、広島へ復帰することが発表された。年の瀬の日本に届いたサプライズから1年となる。

20151229_kuroda01

MLBトップクラスの投手が日本にやってきたらどんな成績変化が起こるか

 昨年の12月27日、黒田博樹がMLB球団からの巨額のオファーを蹴り、広島へ復帰することが発表された。年の瀬の日本に届いたサプライズから1年となる。

 黒田はMLBに在籍した7シーズンで1319イニングに登板。同期間で集計するとこれはMLB全体で19番目の数字となる。控えレベルの投手が同じイニングマウンドに立った場合との貢献量の差を勝利数換算して比較するWAR(Wins Above Replacement)は23.7で17番目。どちらもトップ20に入っており、量、質ともにMLBトップクラスの働きを見せていた。MLBでこのレベルの活躍を見せた先発投手が来日したケースは過去にない。実績的に、黒田はMLBからやってきた史上最強の先発投手だったことになる。

 40歳という年齢の影響を考慮する必要はあったとはいえ、直近のシーズンまでMLBで成功をおさめている投手が、NPBに来てどれだけやれるものなのかを探る上で黒田は貴重なサンプルだった。というわけで、今回は黒田の投球内容が日本復帰前後でどんな推移を見せたかについて、重要度が高く、日米で比較が可能なスタッツから確認してみたい。

人気記事ランキング