先発一本で復活を目指す日ハム斎藤佑 2015年の出来事と“語録”を振り返る
2016.01.01
日本ハム・斎藤佑樹投手は2016年、先発一本で復活を目指す。今年は復活が期待される背番号18。2015年の出来事を語録で振り返ってみたい。
20160101_saito

「先発にこだわりたい」とスタートした2015年は、斎藤佑にとってどんな1年だったのか

 日本ハム・斎藤佑樹投手は2016年、先発一本で復活を目指す。

 昨年は開幕ローテーションに入ったが、12試合登板で、1勝3敗、防御率5.74。初勝利はシーズン終盤の9月16日のロッテ戦(QVCマリン)だった。

 それでも、前半戦にプロで初めて中継ぎを経験。フォークをカウント球から使う投球に手応えを感じ、チームがソフトバンクとのCSファイナルステージ(ヤフオクドーム)に進出していれば、初戦を託される予定だった。

 今年は復活が期待される背番号18。2015年の出来事を語録で振り返ってみたい。

▽1月7日

 千葉・鎌ケ谷市の球団施設で本格始動。14年11月の秋季キャンプ中に、栗山監督が中継ぎで起用する可能性を示唆していたが、「先発にこだわっていきたい」と決意表明。「2ケタ勝てる投手を使わないことはない。そのレベルにいけるよう努力する」と意欲を語った。

▽2月1日

 キャンプ1軍スタート。初日からブルペンで外角低めへテンポ良く65球を投げた。本人は「頭で思っていることと体の感覚が少し近づいてきた」と手応えを示し、栗山監督も「大きなインパクト。こちらが使わざるを得ない状況を見ることが出来た」と期待した。

▽2月8日

 2015年初実戦となる紅白戦に登板も、2回1失点に「(収穫は)ないですね。すべてを修正したい」と不満げ。14日のDeNAとの練習試合は3回2失点だった。

▽2月17日

 春季キャンプのブルペンで、投手陣最多となる207球の投げ込み。直球中心に1時間弱に及ぶ熱投だった。「フォームを固めることと、疲れて力が抜けた状態で投げることを試したかった」

▽3月2日

 札幌市内のホテルでチームの激励会が行われ、トークショー中には、高卒3年目で開幕投手を務める大谷へ、12年開幕投手としてエール。「1球目を投げるまで緊張していた。自分にかけるプレッシャーもすごかったけど、翔平なら頑張ってくれる」と期待した。

▽3月23日

 ヤクルトとのオープン戦(神宮)で5回から2番手で登板。最速145キロの直球を軸に2回、打者6人を無安打に封じる完全投球。開幕ローテ入りを決め「ストライクゾーンで勝負できた。(直球で)押し込める球もあった。シーズンに入ってからが勝負」。栗山監督は「佑樹らしさが出ていた」と目を細めた。



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月