【米国はこう見ている】ドジャースと合意の前田も続く!? 日本人投手の「コスパ」に高い評価
2016.01.02
広島の前田健太投手がポスティングシステム(入札制度)でドジャースに入団することで合意した。MLB公式サイトでは、過去の日本人投手の「コストパフォーマンス」の良さを紹介した上で、前田も同じような存在になれると伝えている。
20151116_maeda2

MLB公式サイトが指摘「大半は移籍先のチームに素晴らしい補強となった」

 広島の前田健太投手がポスティングシステム(入札制度)でドジャースに入団することで合意した。MLB公式サイトでは、過去の日本人投手の「コストパフォーマンス」の良さを紹介した上で、前田も同じような存在になれると伝えている。

「9年前のオフシーズン、松坂大輔と井川慶がそれぞれMLBに挑戦した。2人は結果として当初の期待に応える数字を残すことはできなかったが、それ以降、日本からMLBへ移籍した投手の大半は、移籍先のチームに素晴らしい補強となっている」

 記事では、このように指摘。黒田博樹、上原浩治、岩隈久志などが、年俸以上の好成績を残してきたことに触れているだけではなく、今オフFAとなっている元中日のチェンの渡米時からの成績も、非常にお買い得なものだったとしている。

 前田の契約については、一部で8年総額2400万ドル(約29億円)に1年毎1000万~1200万ドル(約12億~14億5000万円)の出来高がつくとも報じられている。ただ、これはチームの発表や地元紙の担当記者が伝えた情報ではなく、その内容が正確かは明らかになっていない。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月