【米国はこう見ている】ド軍と正式契約間近の前田、新たに不利な条件が浮上? 米地元紙が報じる
2016.01.06
ドジャースとの正式契約が間近とされる前田健太投手について特殊な契約形態が注目される中、新たに球団側に有利な契約内容が現地でレポートされている。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。
20151111_maeda

8年の長期契約も契約破棄条項盛り込まれず?

 ドジャースとの正式契約が間近とされる前田健太投手について特殊な契約形態が注目される中、新たに球団側に有利な契約内容が現地でレポートされている。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

 今オフ、広島からポスティングによるメジャー移籍を目指している前田はすでに8年総額2500万ドル(約29億6000万円)でドジャースと契約合意に達したと報じられており、基本給が低い代わりに年間最大1200万ドル(約14億2000万円)というインセンティブなどが盛り込まれているとされている。

 長期契約の場合、選手は契約期間の途中で破棄できる条項が盛り込まれるケースが多い。たとえば、2014年に楽天からポスティングを経てヤンキースに移籍した田中将大投手は7年総額1億5500万ドルという超大型契約に加え、4年目のシーズン終了後に契約を破棄し、フリーエージェントとなれる条項がついている。

 活躍した場合に新たに高条件の契約を結び直すため、選手にとっては大きなメリットとなるが、今回は事情が違うと地元メディアは指摘。前田の場合は契約を途中で破棄する権利がなく、8年という長期契約に縛られる内容となると伝えている。



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月