野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「限界を超えても」―現役続行を希望も、去就の決まらない“大物選手”たち

「限界を超えても」―現役続行を希望も、去就の決まらない“大物選手”たち

新人の合同自主トレが始まり、各選手、球団とも新シーズンに向けた準備を進めている。各チームの助っ人も決まり始めた。一方で、現役続行を見据えながらまだ所属先が決まっていない選手もいる。今オフは特に、実績を残した大物選手の去就も見えてこない。

実績を残した大物たちの去就が未定、所属先が確定していない主な選手は?

20160112_big
去就未定の“大物選手”たち それぞれの通算成績

 新人の合同自主トレが始まり、各選手、球団とも新シーズンに向けた準備を進めている。各チームの助っ人も決まり始めた。一方で、現役続行を見据えながらまだ所属先が決まっていない選手もいる。今オフは特に、実績を残した大物選手の去就も見えてこない。

 1月11日時点で、現役続行を希望しながら今季の所属先が確定していない主な選手を見てみたい。

○川上憲伸投手(前中日)

 名手が続々と引退を表明する中日において、現役続行に意欲を見せて退団を表明。プロ18年目の昨季は右肩の手術などで1軍登板なしに終わった。40歳右腕はここまで日米通算125勝を挙げている。

 退団会見では「まだ野球に没頭したい、野球少年でいたかった。限界に近いのは分かっているのですが、限界を超えてまでもやりたいというのが本音です。引退すると言ってしまえば可能性はゼロ。ちょっとでも可能性を残してという部分が引退という二文字を避けたのだと思います」と語った。

○岡島秀樹投手(前DeNA)

 DeNAを戦力外に。同12月には米記者がメジャー移籍を視野に入れていると報じたが、その後、大きな動きは出てきていない。40歳左腕はこれまで2度メジャーに挑戦。2007年には日本ハムからレッドソックスへFA移籍し、加入初年度で66試合登板、3勝2敗5セーブ27ホールド、防御率2.22と活躍。ワールドシリーズ制覇に貢献し、2009年まで3年連続で60試合登板を果たした。

 2012年のソフトバンク移籍を経て、翌2013年にはアスレチックスへ。2014年にソフトバンクに復帰し、昨季はDeNAに加入したものの、負傷などもあり、10登板で0勝2敗2ホールド、防御率8.59と不本意な成績に終わった。

人気記事ランキング