日ハムドラ6横尾、“卒論打法”で開幕1軍へ 導き出したプロでの打ち方とは
2016.01.14
日本ハムのドラフト6位・横尾俊建内野手(慶大)が“卒論打法”で開幕1軍を目指している。
20160114_yokoo

photo 写真提供:北海道日本ハムファイターズ

1月下旬に提出の卒論の研究で、プロで臨むべき打法が見えてきた?

 日本ハムのドラフト6位・横尾俊建内野手(慶大)が“卒論打法”で開幕1軍を目指している。

 1月下旬に提出する卒論のテーマは「打撃の動作解析」。プロで臨むべき打ち方が見えてきたという。その卒論の中身に迫った。

 ストライクゾーンを9分割し、それぞれのスイングスピードを計測。さらにスクエアスタンスで左足を上げる打法に加え、ノーステップ、アウトステップ、インステップと4つの打ち方で「どの打ち方がスイングスピードが速いか」を分析した。その結果、横尾はノーステップで最も速いスイングスピードを計測したという。

「今は軽く左足が浮くぐらいです。(卒論で)自分のプラスになりました。(ノーステップの打ち方で)プロでやっていこうと思います」



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月