巨人のウイークポイントを埋めるカギ 4番は誰が打つ?
2016.01.18
巨人は高橋由伸新監督のもと、V奪回へ向けてスタートする。各地での自主トレーニングも終盤を迎え、1月末から宮崎で合同トレーニングを開始。高橋監督も「個人のレベルアップを求めていきたい」とチーム全体の力の底上げを目指していく。
巨人

昨季は8選手が4番に、今季は固定できるのか

 巨人は高橋由伸新監督のもと、V奪回へ向けてスタートする。各地での自主トレーニングも終盤を迎え、1月末から宮崎で合同トレーニングを開始。高橋監督も「個人のレベルアップを求めていきたい」とチーム全体の力の底上げを目指していく。

 やはり一番のウイークポイントは打力。チーム打率.243はリーグ最低だった。防御率は12球団トップの2.78であることを考えれば、打力の強化は白星に直結してくる。カギを握るのは4番は誰が打つのか、という点だ。

 昨年の4番打者を見てみると阿部慎之助(53試合)、坂本勇人(48試合)、亀井善行(17試合)、長野久義(11試合)、大田泰示(10試合)、アンダーソン(2試合)、村田修一、中井大介(それぞれ1試合)と8人もの選手が座った。

20160117_kyojin
巨人 今年の主な4番候補の2015年成績

 昨年の背景を見てみると、まずキャンプからオープン戦にかけてのチームの構想は「4番・大田」の夢プランがあった。前年の2014年終盤に打撃の変化が見られ、飛躍を期待。オープン戦、練習試合と序盤は成績を残していた。



1 2 3
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月