野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 年俸ダウンから再出発する男たち 今オフに育成契約となった選手は?

年俸ダウンから再出発する男たち 今オフに育成契約となった選手は?

多村の他にも、新たに育成契約となり、再び支配下登録を目指すことになった選手は今オフも多くいる。厳しい状況から輝きを取り戻すことはできるのか。今オフに育成契約を結んだ主な選手を見てみよう。

再び支配下登録へ、多村は中日で年俸300万円で再出発

 DeNAを戦力外となった多村仁志外野手が、中日と育成契約を結んだ。横浜時代の2004年に3割、40本塁打、100打点を達成するなど一時代を築いた強打者は、大幅な年俸ダウンから再出発し、復活を目指す。

 多村の他にも、新たに育成契約となり、再び支配下登録を目指すことになった選手は今オフも多くいる。厳しい状況から輝きを取り戻すことはできるのか。今オフに育成契約を結んだ主な選手を見てみよう。(年俸は推定)

20160118_ikusei
今季支配下から育成契約になる主な選手の通算成績

◯多村仁志外野手(DeNA→中日育成契約) 年俸4600万円→300万円

 94年のドラフト4位で横浜入り。04年に3割、40本塁打、100打点。05年にも31本塁打を放った。2006年には第1回WBC制覇に大きく貢献。同年オフに寺原とのトレードでソフトバンクに移籍し、10年には打率3割2分4厘、27本塁打、89打点をマークした。12年オフにトレードでDeNAに復帰。昨季は1軍で4試合の出場に終わった。

◯片山博視内野手(楽天支配下登録→育成契約) 年俸2250万円→800万円

 05年の高校生ドラフトで、楽天と広島が1位指名。身長191センチと体格に恵まれ、当初から打撃も高く評価されていたが、交渉権を獲得した楽天に投手として入団した。プロ5年目の10年に53試合登板で1勝2敗10ホールド、防御率1.88とリリーフとして台頭。11年は59試合登板で23ホールド、12年も41試合登板で12ホールドを記録した。しかし、その後は肘痛などにも苦しんで成績を落とし、昨年1月に打者転向。1年目の昨季は1軍での出場はなかった。

人気記事ランキング