【米国はこう見ている】2001年マリナーズの守備力はMLB歴代2位 イチローもキープレーヤーに選出
2016.01.28
米メディアのESPNが、MLB史上最高の守備力を誇ったチームがどこかを検証する特集記事を組んだ。その中に、イチロー外野手が所属した2001年のマリナーズも登場している。
20151213_ichiro

photo Yukihito Taguchi

米メディアが選出、名手揃いでMLBタイ記録のシーズン116勝

 米メディアのESPNが、MLB史上最高の守備力を誇ったチームがどこかを検証する特集記事を組んだ。その中に、イチロー外野手が所属した2001年のマリナーズも登場している。

 執筆したのは分析原稿に定評のあるデビッド・スコーエンフィールド氏。守備指標の1つであるトータルゾーン(TZ)を評価基準に、客観的な印象を踏まえて選出されている。

 その中で、スコーエンフィールド氏が「お気に入りの守備的チーム」として挙げているのが、2001年のマリナーズ。キープレイヤーとしてメジャー1年目だったイチローも選出している。

 マリナーズはこの年、メジャータイ記録の116勝をマーク。記事では、リーグ平均失点を160下回る好成績を残したという事実に加え、イチローと右中間コンビを組んでいたマイク・キャメロン外野手の2人がゴールドグラブ賞を受賞したと紹介。ジョン・オルルド一塁手、ブレット・ブーン二塁手は翌年から2年連続でゴールドグラブ賞に輝いたことにも言及している。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月