【米国はこう見ている】亡命報道の元DeNAグリエルはMLBで通用するのか? 米メディアが特集
2016.02.09
元DeNAのユリエスキ・グリエル内野手(31)と弟のルルデス・グリエル・ジュニア内野手(22)がキューバから亡命した模様だと海外の複数メディアが報じた。2人はメジャーリーグ球団との契約を目指す見込みだと伝えられている。では、グリエル兄弟はMLBで通用するのか。
full-count4

メジャーで活躍中のキューバ人選手と比較、グリエルはMLBで活躍できる?

20160209_cuba
キューバ出身の主なMLB選手(野手)の2015年の成績

 元DeNAのユリエスキ・グリエル内野手(31)と弟のルルデス・グリエル・ジュニア内野手(22)がキューバから亡命した模様だと海外の複数メディアが報じた。2人はメジャーリーグ球団との契約を目指す見込みだと伝えられている。では、グリエル兄弟はMLBで通用するのか。

 ESPNは「ユリエスキ・グリエルのキューバでの成績をアブレイユ、セスペデスと比較する」と題した特集記事を掲載。現在、MLB球団で主軸として活躍するホセ・アブレイユ内野手(ホワイトソックス)、ヨエニス・セスペデス外野手(メッツ)を引き合いに出し、活躍できるかを占っている。(兄はグリエル、弟はルルデスと表記)。

 記事ではまず、グリエルが以前、MLB公式サイトの取材に対して語ったというコメントを掲載。2014年に「キューバで12年プレーしてきて、今は外国でプレーしたいと感じています。メジャーリーグでも日本でもどこでも、最高のレベルで野球をすることは私の夢です。私はアメリカでプレーしたいし、許可されれば、そうするつもりです」と話していたという。アメリカとキューバは昨年、国交正常化を果たしたものの、野球選手の移籍について取り決めはなく、夢を追って亡命という形を取ったようだ。

 特集ではこれまでのグリエルの実績について紹介。キューバではサードを守るパワーヒッターで、三振数よりも四球数が多かったことを特筆している。また、2014年途中に加入したDeNAでは主にセカンドを守り、258打席で打率.308、出塁率.349、長打率.536で、15四球、40三振という成績だったと伝えた。



1 2 3
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月