日ハムドラ1上原、初の打撃投手で感じた「アマチュアとの明らかな違い」
2016.02.11
日本ハムの米アリゾナキャンプに参加中のドラフト1位ルーキー・上原健太投手(明大)がプロとアマチュアの違いなどを語った。
20151122_uehara

photo 写真提供:北海道日本ハムファイターズ

米キャンプで初の打撃投手、栗山監督も「面白そう」

 日本ハムの米アリゾナキャンプに参加中のドラフト1位ルーキー・上原健太投手(明大)がプロとアマチュアの違いなどを語った。

 9日(日本時間10日)には初めて打撃投手を務め、松本を相手にスライダーを交えて16球を投じた。うち安打性が3本。同2位の加藤(新日鉄住金かずさマジック)も石川慎を相手に23球を投げて安打性5本とした。栗山監督も「思っていた通り、非常に楽しみ。打撃投手に来るまでが目安だった。打者に投げ出したら、面白そうだなと思った」と期待を膨らませる投球だった。

 先発ローテ入りを目指す上原。190センチ左腕は初の打撃投手で何を感じたのだろうか。

――打撃投手を務めたが。

「打者の反応が見られたので良かったです。やっぱり球への対応が早いなと感じました。バットを振るスピードというより、1球1球のボールに対してうまくタイミングを合わせてくる。例えば、苦手なコースに来た時でも、1球でバットの芯に合わせてくる。そういう印象はありました」

――打撃投手ではどんなテーマを持って臨んだか。

「打者の反応だけです。打ち取るよりも自分の投げる球に対して、どういう見方、どういうバットの出し方をしてくるか。打者1人ですけど、その反応を大事にしたいと思いました。アマチュアとは明らかに違いました。さすがだなと思いました」



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月