野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • すべては順序が大切? 巨人でささやかれる“4軍”の存在とは

すべては順序が大切? 巨人でささやかれる“4軍”の存在とは

今年から巨人は3軍制度が始まった。育成契約選手で固められたチームで、実戦を多く積んで、成長を促す狙いがある。あまりメディアに取り上げられていないが、チームには1、2、3軍のどこにも属さない選手たちがいる。

今年から3軍制度が始まった巨人

20160120_giants_camp
巨人の春季キャンプメンバー(振り分け発表時のもの)

 今年から巨人は3軍制度が始まった。育成契約選手で固められたチームで、実戦を多く積んで、成長を促す狙いがある。ルートイン独立リーグやソフトバンク3軍、社会人チームとの試合が組まれたりし、チームの底上げを目指している。

 監督は昨年、1軍ヘッドコーチを務めた川相昌弘氏。投手コーチはかつての近鉄のエース・阿波野秀幸氏。昨年まで現役だった金城龍彦氏や現役時代はハッスルプレーで魅了した後藤孝志氏、初打席満塁弾を放ったことのある円谷英俊氏らがコーチを務めている。

 限られた敷地内でキャンプを行っているため、時間を早めて朝6時半から練習を開始したり、選手たちはハングリー精神を養っている。

 チームには1、2、3軍のどこにも属さない選手たちがいる。あまりメディアに取り上げられていないが、それはリハビリ組の存在。彼らの中では自分たちを「4軍」と言い、自分自身に刺激を与えていた。

人気記事ランキング