【米国はこう見ている】日ハム大谷が異例の選出、NPB所属なのに…MLBで「最も興味深い50人」に
2016.02.15
日本ハムの大谷翔平投手が、地元紙「ニューヨーク・ポスト」の「MLBで今年最も興味深い50人」に、元DeNAのユリエスキ・グリエル内野手、レンジャーズのダルビッシュ有投手らとともに選出された。
20160214_otani

NY地元紙の特集で19番目に紹介、「MLBから大きな注目を浴びている」

 日本ハムの大谷翔平投手が、地元紙「ニューヨーク・ポスト」の「MLBで今年最も興味深い50人」に、元DeNAのユリエスキ・グリエル内野手、レンジャーズのダルビッシュ有投手らとともに選出された。現在はNPBでプレーしており、メジャー移籍は2年後になるとも言われている二刀流右腕だが、今年のMLB注目の人物として19番目に選出される異例の事態となっている。

 現在、日本ハムの米アリゾナキャンプでトレーニングを続けている大谷について、同紙の名物コラムニスト、ジョエル・シャーマン氏は「スカウトと球団関係者は、現在日本ハムがキャンプを行っているピオリアに集結している。目玉は193センチで外野手も時折こなし、アメリカでプレーをするという大志を隠そうとしない日本で最高の投手だ」と紹介。その注目度は極めて高い。

 記事でも言及しているように、アリゾナにはメジャー関係者が大挙して集結しており、その投球だけではなく、打撃にも絶賛の声が上がっている。10日(日本時間11日)には韓国ロッテとの練習試合で2イニングを投げ、1安打無失点、4奪三振と好投した右腕の評価は上昇する一方だ。

 シャーマン氏は「来季、もしくはその少し後に向けて、21歳はMLBから大きな注目を浴びている」と指摘。MLB球団が大谷のメジャー移籍を待ちかまえている状況を伝えている。

 38位には、昨季開幕前に受けた右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)からの復帰を目指すダルビッシュの名前が挙がっている。記事では「トミー・ジョン手術により昨季全休となったダルビッシュは、5月か6月までに復帰すると見込まれている」と紹介。こちらも大きな注目を集めている。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月