野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プレミア12で打線牽引、日ハム中田が侍J招集に意欲 「万全の状態で挑みたい」

日本ハムの中田翔内野手が侍ジャパン日本代表メンバーへの選出を受け、「万全の状態で挑みたい」と意欲を燃やした。

20151115_nakata2

プレミア12では“恐怖の6番打者”として活躍

20160215_samurai
侍ジャパン日本代表 台湾戦のメンバー

 日本ハムの中田翔内野手が侍ジャパン日本代表メンバーへの選出を受け、「万全の状態で挑みたい」と意欲を燃やした。

 侍ジャパンの小久保裕紀監督は15日、台湾代表戦(3月5日・ナゴヤドーム、同6日・京セラドーム大阪)に向けたメンバー26人を発表。中田は昨秋の世界野球「プレミア12」に引き続きメンバーに選出された。

 プレミア12では開幕から“恐怖の6番打者”として活躍。西武・中村が負傷後は5番を任されて侍ジャパンの打撃陣を牽引した。

 中田は今回の招集を受け、「開幕前の難しい時期ですが、しっかりと体を動かして万全の状態で挑みたい。全力を尽くして勝利に貢献し、シーズン開幕への弾みにしたいと思います」と意欲を見せている。

 また、同じく日本ハムから招集された増井浩俊投手は「昨年のプレミア12に続いて今回も選んでいただき、大変うれしく思います。シーズン前ではありますが、代表戦ではキャンプでの成果を発揮できるように、いま自分にできることを精一杯やろうと思います。しっかり仕上げて良いスタートを切れるよう頑張ります」とコメントした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング