日ハムドラ1上原に紅白戦で洗礼 初回8失点、1死しか取れず“強制終了”
2016.02.20
日本ハムのドラフト1位ルーキー・上原健太投手が20日、紅白戦に登板し、初回に8失点を喫して“強制終了”を告げられる屈辱を味わった。
20160220_uehara

1回終了時にはスタンドから笑いも…2回は無失点も屈辱的な登板に

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・上原健太投手が20日、紅白戦に登板し、初回に8失点を喫して“強制終了”を告げられる屈辱を味わった。

 上原は先頭の西川を三振に仕留めたものの、続く田中には二塁打を浴びる。さらに、陽岱鋼には左中間への適時三塁打を打たれ、続くレアードの打ち取った飛球は強い風に流されて、センター前にポトリと落ちて2点目を失った。

 大嶋には死球、松本にはライトへ運ばれると、続く大野の三ゴロは高浜が取れず失策でさらに2失点。中島にはセンター前への適時打を浴び、「9番・DH」で出場した大谷には右中間を破られて2点三塁打を許す。大谷が三塁まで走る際には、スタンドから「速い!」と驚きの声も上がった。

 打者一巡でこの回2度目の打席となった西川にはセンターへのタイムリーを浴びて8失点目。続く田中にライト前のヒットを打たれ、1死一、三塁となったところで、この回は“強制終了“となった。

 まさかの事態にスタンドから笑いも漏れる中、上原は吉井投手コーチに声をかけられてダッグアウトへ。しかし、2回は陽岱鋼を左飛、レアードを三振。大嶋には二塁への内野安打を許したものの、松本を捕ゴロに仕留めて無失点に抑えた。しっかり立ち直ったルーキー左腕だが、初回は味方のまずい守備や強風に打球が流される不運もあり、屈辱的な登板に。プロの洗礼を浴びる形となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count




日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月