楽天ルーキートリオが1・2・3番 オコエからの“ロマン型打線”で得点挙げる
2016.02.25
楽天のドラフト1位ルーキーのオコエ瑠偉外野手が25日、ソフトバンクとの練習試合で「1番・センター」でスタメン出場した
20160128_mogi

photo Masae Takahashi

ドラフト上位3人が1~3番に順番に並ぶ打線、オコエの左前打から3人で1点奪取

 楽天のドラフト1位ルーキーのオコエ瑠偉外野手が25日、ソフトバンクとの練習試合で「1番・センター」でスタメン出場した。2番にはドラフト2位の吉持亮汰内野手がショートで、3番にはドラフト3位の茂木栄五郎内野手がセカンドで先発。梨田昌孝監督はドラフト上位3選手をスタメンで1~3番まで並べる打順を組んだ。

 その起用に楽天の未来を担う3選手が応えた。3点ビハインドの3回。2死からソフトバンク2番手の島袋洋奨投手からオコエが痛烈なヒットをレフト前へ。吉持が四球を選ぶと、茂木がライト前へタイムリーを放ち、“ロマン型打線”で1点を奪取。ただではイニングを終わらせず、鮮やかな攻撃を見せ、スタンドを沸かせた。

 それぞれオコエが9、吉持が2、茂木が5と1桁の番号を付けるなど、球団からの期待も大きいルーキー。これからの活躍も楽しみだ。

楽天のスタメンは以下の通り

1(中)オコエ
2(遊)吉持
3(二)茂木
4(指)栗原
5(一)銀次
6(三)ウィーラー
7(左)福田
8(右)島内
9(捕)嶋
P(先発)釜田

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count




日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月