野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 巨人菅野、DeNA山口が“本格導入”の「魔球」 「ワンシーム」とは何?

巨人菅野、DeNA山口が“本格導入”の「魔球」 「ワンシーム」とは何?

昨年は広島・黒田博樹投手の日本球界復帰で新ワード「フロントドア」「バックドア」が大流行したが、今年のHOTワードは「ワンシーム」だろう。

20160301_yamaguchi

昨年の「フロントドア」「バックドア」に続くHOTワードに?

 オープン戦が始まり、各球団の開幕投手候補たちの調整も順調に進んでいる。すでに横浜DeNAはラミレス監督が山口俊投手を開幕に指名。巨人では3年連続で菅野智之投手が濃厚だ。

大きな期待背負う筒香嘉智 若き主砲が打順以上にこだわるモノ(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 両エースは今年、「ワンシーム」をキャンプから本格的に試している。菅野は過去にも投げていた球種で、山口は昨年に続いて習得に力を入れている。では、「魔球」とも言われるこの「ワンシーム」は一体どんなボールなのだろうか。

 昨年は広島・黒田博樹投手の日本球界復帰で新ワード「フロントドア」「バックドア」が大流行したが、今年のHOTワードは「ワンシーム」だろう。速球の種類では、日本では「直球」と表現される「フォーシーム」、打者の手元でシュート気味に変化する「ツーシーム」が今や日本でもお馴染みとなったが、今度は「ワンシーム」。2月28日の巨人ーヤクルトのオープン戦では、菅野が昨季トリプルスリーの山田哲人内野手の内角低めへ投じ、ショートゴロに打ち取った。

 まず、どんな変化をするのか。ストレートの軌道でベース盤に向かうが、右打者の場合、基本的には内角低めへと沈む。サイドやアンダースロー投手が投げるシンカーに近い変化だ。打者にとってみると、食い込んでくるような感覚になる。しかし、変化は一定ではなく、投げた指先の力加減や空気抵抗によって、微妙に変化が違う。ひっかけると、スライダーのような変化もする。

人気記事ランキング