日本ハム斎藤佑、“消極的投球”改善 先発ローテ争いに踏みとどまる
2016.03.07
日本ハムの斎藤佑樹投手が6日、先発ローテーション争いに生き残った。
20160302_saito

photo Yukihito Taguchi

大谷、メンドーサ、有原、吉川に次ぐ先発枠目指し、2軍で調整へ

 日本ハムの斎藤佑樹投手が6日、先発ローテーション争いに生き残った。

大きな期待背負う筒香嘉智 若き主砲が打順以上にこだわるモノ(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 DeNAとのオープン戦(札幌ドーム)の8回から実戦4度目の登板。最速144キロの直球を主体とした投球で、飛雄馬を一ゴロ、戸柱を空振り三振、関根を中飛と3者凡退に抑えた。

「反省する点は多いですけど、とりあえず3人で終わって良かったです。1イニングだけなら腕を振れる。いい機会でした。いい場面で投げられたのが良かったです」

 忘れていた感覚を取り戻した。昨季はプロで初めて中継ぎを経験。初球から決め球・フォークを使うなど攻めの投球に手応えを感じていたが、今月1日の巨人戦(札幌ドーム)では、そのフォー クを使いすぎた。「消極的な投球」(吉井投手コーチ)となり、内野の2失策が絡み2回5安打4失点した。

「前回はフォークばかりで真っすぐでいけるところが少なかった。今回は真っすぐで押していくことを心がけた。すごいいいというより、前回より良かったと思います」



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月