野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • これまで“軽視”も重要性高まる? イチローの「単打」に脚光

これまで“軽視”も重要性高まる? イチローの「単打」に脚光

マーリンズのイチロー外野手が放つ「単打」が注目されている。マーリンズの球団公式サイトが「イチローが単打の価値を例示する」との見出しでリポートしている。

20160310_ichiro

球団公式サイトが特集、「単打は接戦の口火を切り、得点につながる」

 マーリンズのイチロー外野手が放つ「単打」が注目されている。マーリンズの球団公式サイトが「イチローが単打の価値を例示する」との見出しでリポートしている。

 今回の特集記事では近代野球において単打は本塁打や四球、出塁率、OPS(出塁率+長打率)に比べて軽視されてきたことを紹介。一方で昨季ワールドシリーズを制したロイヤルズが過去6シーズンで単打を重視する戦略を取ってきたことをリポートし、メジャーで単打の価値が高まってきている様子を伝えている。2年連続でワールドシリーズに進出しているロイヤルズはここ6年の単打数がメジャーで3番目に多く、昨年のポストシーズンでも100本の単打を記録したという。

 記事では「四球は助けになるとはいえ、ランナーを二塁から生還させることや、一塁から三塁に進塁させることはできない。これは単打を放つことで起こりえる事象」と指摘している。

  また、現役時代にシングルヒットを量産したマーリンズのマッティングリー新監督をはじめ、単打の重要性を理解している監督がいることも紹介。ツインズのモリター監督やナショナルズのベイカー監督らの名前も挙げられており、ベイカー監督は記事の中で「若かりし頃にハンク・アーロンから打球をインプレーにすることの重要性を学んだ。単打は接戦の口火を切り、得点につながる。打球を捉えることで守備にプレッシャーをかけ、様々なことが起きるきっかけを生み出す」とコメントしている。
 
そんな中、単打の象徴的存在として取り上げられているのがイチローだ。

人気記事ランキング