「今年こそ」はこれで最後― 西武・菊池、開幕投手抜擢で芽生えた責任感
2016.03.17
監督室に呼ばれたのは第4クール、2月16日のことだ。
20160317_kikuchi

期待に応えられなかったもどかしさ、7年目の今年は「本当に今年こそ」

 このシーズンオフ、菊池雄星投手はチームの後輩である佐野泰雄、佐藤勇両投手とともに初めて合同トレーニングを実施した。練習内容は今までと同じく基礎的なフィジカルトレーニングやキャッチボールが中心だったが、二人の存在は期待していた以上にいい刺激になったという。

「今まではトレーナーと1対1だったので張り合う相手がいなかったんです。でも、今回は二人がいてくれたおかげで、いろんなことを競い合ってやることができました。ピッチングなら負けないんですけど、あの二人走るの速いんですよ(笑)。そういう体力的な部分は若い二人に引っ張ってもらいました。先輩として恥ずかしくない練習をしないといけないなっていう思いもあって、結果的にすごく充実した自主トレができたと思います」

 そんないい流れで迎えた南郷キャンプでも、コンディションは上々。キャンプ中は「ピッチングの基本的な動作の再現性を高める」というテーマを掲げて取り組んだ。監督室に呼ばれたのは第4クール、2月16日のこと。自身初の開幕投手に指名されたのだ。

「開幕2戦目と言われるだろうなと思っていたんです。だから、聞いたときには『まさか』と心臓がバクバクしました。なぜ自分が開幕投手に指名されたのか、当然それは考えましたね。もちろん、対戦チームとの相性とか、そういったこともあると思うんですけど、やはり監督の『頼むぞ』という思いは感じています」

 田邊徳雄監督からは、「今年は任せた。15勝頼むぞ」と明確な言葉で激励をもらっている。毎年同じように期待をかけてくれてきたが、それに応えられなかったことに強いもどかしさがあるのだと菊池投手は言う。



1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月