潮崎コーチも「風格感じた」菊池雄星、変貌遂げる左腕は今年何が違う?
2016.03.28
初の開幕投手という大役を終えた翌日、西武の菊池雄星は記憶の中で再び自らを前夜の夢の舞台に立たせ、恍惚の表情を浮かべた。
20160328_kikuchi

自身初の開幕戦で6回2失点の好投、「今までの雄星だったら…」

「気持ちよかったぁ~」

 初の開幕投手という大役を終えた翌日、西武の菊池雄星は記憶の中で再び自らを前夜の夢の舞台に立たせ、恍惚の表情を浮かべた。

 終わってみれば6回110球7安打6奪三振2失点(自責1)。4回、味方のエラーも絡み、ノーアウト満塁から5番ボグゼビックに2点適時打を許したが、その後、中島宏之、T-岡田、伊藤光と3人で後続を断てたことがすべてだった。

 相手投手が球界屈指の右腕・金子千尋だっただけに、「3点目を取られたら試合が終わると思ったので、2失点したところで、『キレイに抑えよう』という思いを捨てました」。より一層腕を振り、切れ、球速とも、もう一段階ギアを上げると、マウンドを降りる6回まで、再び「0」を並べていった。

 潮崎哲也ヘッドコーチも、「あそこで、追加点を許さなかったところが非常に評価できる。今までの雄星だったら、2点を獲られてガックリきて、グダグダになってしまっていたが、変わった。立ち直って、あのままいってくれたことが、最終的に勝利につながった」と、称える。



1 2 3
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月