野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大が米野球殿堂を訪問 NYの大先輩ルースやゲーリックの功績に触れる

田中将大が米野球殿堂を訪問 NYの大先輩ルースやゲーリックの功績に触れる

ヤンキース田中将大投手が20日(日本時間21日)、ニューヨーク州クーパーズタウンにある米国野球殿堂博物館を訪問した。殿堂博物館が公式ツイッターで伝えている。

ルースのバットやゲーリックのグラブを前に感激の表情

 ヤンキース田中将大投手が20日(日本時間21日)、ニューヨーク州クーパーズタウンにある米国野球殿堂博物館を訪問した。殿堂博物館が公式ツイッターで伝えている。

 すでにオフに突入している田中が、殿堂で野球の歴史に触れた。殿堂博物館のあるニューヨーク州クーパーズタウンは、カナダの国境に程近い山あいの街で、マンハッタンから車で約3時間40分、距離にして約330キロ離れた田舎町。行きたいと思っても、なかなか重い腰を持ち上げられずにいる選手、関係者、ファンも多い。

 そんな中、田中はオフの時間を有効利用。殿堂博物館でメジャーの歴史に触れた。ツイッターでは「現代のヤンキーがかつてのヤンキーと対面。タナカマサヒロが殿堂を訪問、ルースのバットとゲーリックのグラブを見学」と報告。白い手袋をはめた田中が、ヤンキースの大先輩ベーブ・ルースのバットとルー・ゲーリックのグラブを手に持ち、感激の表情を浮かべている写真もツイートされている。

 殿堂博物館にゆかりのある日本人選手といえば、マーリンズのイチロー外野手。これまで6度もクーパーズタウンを訪問しており、球史に名を残す偉人から学ぶ姿勢を崩していないという。殿堂博物館にはイチローの3000安打達成グッズや野茂英雄氏がドジャースとレッドソックスで2度ノーヒットノーランを達成した時のボールも保管されており、日本人選手にメジャーの道を切り拓いた先輩たちの功績にも触れることができたはずだ。

 今季メジャー3000安打を達成したイチローは、将来の殿堂入りが確実と言われているが、偉人たちの功績に触れた田中も殿堂入りに相応しいキャリアを築いていきたい。

人気記事ランキング