野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V3逃したSBの誤算 現実となった工藤監督の言葉「ケガ人が戦力を落とす」

シーズン序盤は圧倒的な強さを見せながら、V逸の要因となったのは何だったのか。ソフトバンクの誤算を探る。

201604007_kudo

11.5ゲーム差をつけながらV3ならず、代えの効かない重要選手に相次いだ負傷者

 2016年のシーズンも、残りわずかとなった。10球団がオフへと入り、日本ハムと広島が日本一の覇権を争う日本シリーズを残すのみとなった。セ・リーグは広島が圧倒的な強さを見せて独走V。パ・リーグは日本ハムが大逆転でリーグ優勝を勝ち取り、それぞれクライマックス・シリーズを突破した。

 一方で屈辱を味わったのが、日本ハムにつけた一時最大11.5ゲーム差をひっくり返され、3年連続のリーグ優勝を逃したソフトバンクだ。シーズン序盤は圧倒的な強さを見せながら、V逸の要因となったのは何だったのか。ソフトバンクの誤算を探る。

 第1回は「ケガ人」の続出だ。工藤公康監督は就任直後から「ケガ人がチームの戦力を落とす」とし、選手のコンディション管理には細心の注意を払ってきた。それでも、シーズン中にケガ人が出ることは避けられないもの。今季は、代えの効かない重要選手に負傷者が相次いだ。

 1人目が交流戦期間中、6月1日の中日戦(ヤフオクD)前に出場選手登録を抹消されたリック・バンデンハーク投手だ。開幕後2か月ほどで6勝1敗の好成績を残し、来日後負けなしの14連勝もマーク。「デビューからの連勝記録」と「外国人連勝記録」を樹立した右腕は、全身の疲労と首痛を訴えてチームから離れた。

人気記事ランキング