野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 12球団最少4人指名も満点ドラフトのSB、王会長も笑顔「思い通り過ぎて…」

12球団最少4人指名も満点ドラフトのSB、王会長も笑顔「思い通り過ぎて…」

どよめきが起こる会場内。その中心で「交渉権確定」の文字が記されたクジを右手で掲げた。ソフトバンクの工藤公康監督だ。5球団競合となった今ドラフト最大の目玉、創価大の田中正義投手の交渉権を賭けたクジ。

20161021_tanaka

工藤監督の“黄金の右手”が創価大・田中正義を引き当てる

 どよめきが起こる会場内。その中心で「交渉権確定」の文字が記されたクジを右手で掲げた。ソフトバンクの工藤公康監督だ。5球団競合となった今ドラフト最大の目玉、創価大の田中正義投手の交渉権を賭けたクジ。見事にそれを引き当てたのは、昨年も3球団が競合した県岐阜商・高橋純平投手を呼び寄せた工藤監督の「黄金の右手」だった。

 最速156キロを誇る即戦力右腕。「右手で行こうと決めていました。引き当てることが出来てよかった。日本を代表する投手を目指してほしいと思いますし、彼の投げるボールを早く見たい。即戦力として考えていますし、開幕投手を目指すくらいの気持ちで頑張ってほしいなと思います」と、工藤監督は熱くラブコールを送った。
 
 今季目指していた3年連続の日本一を逃したソフトバンクにとって、100点満点のドラフトだった。「ウチのデータから言えば、思い通り。思い通り過ぎて、4人で終わっちゃった」と笑みが絶えなかった王貞治球団会長の言葉が全てを表す。大本命の「意中の恋人」を射止めたこともさることながら、少数精鋭の4人で終えた指名は、的確にチームの補強ポイントを押さえていた。

 先に記した通り、1位指名は創価大の田中正義。アマ球界No.1投手で最速156キロを誇る即戦力投手だ。V逸を喫した今季の先発陣は、和田毅、武田翔太、千賀滉大が2ケタ勝利。東浜巨も9勝を挙げ、約3か月半の離脱があったリック・バンデンハークは7勝。その一方で、5年連続開幕投手を務めた摂津正が2勝、左腕の大隣憲司が1勝止まりだった。

 2014年の盛岡大付・松本裕樹、2015年の県岐阜商・高橋純平と、2年連続で将来性ある右投手をドラフト1位で獲得していたこともあり、来季を見据えると、あと1枚、開幕ローテを担える即戦力が欲しいところだった。そこを完璧に埋めてくれるであろう田中の交渉権獲得は大きい。

人気記事ランキング