野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

注目は阪神ドラ2の152キロ右腕・小野 東北地区大学野球代表決定戦が22日開幕

明治神宮野球大会の出場をかけた、第8回東北地区大学野球代表決定戦の開会式とレセプションが21日、仙台市内のホテルで開催された。

20161021_daigaku

明治神宮野球大会の出場かけて激突、富士大の小野は「もう一度、神宮へ」

 明治神宮野球大会の出場をかけた、第8回東北地区大学野球代表決定戦の開会式とレセプションが21日、仙台市内のホテルで開催された。

 大会に出場するのは4校。6月に行われた東北地区大学野球選手権大会優勝の富士大のほか、仙台六大学野球連盟からは秋季リーグ戦優勝の仙台大、同じく南東北大学野球連盟からは福島大、北東北大学野球連盟では富士大がリーグ優勝したため、2位の青森大が出場する。試合会場は仙台市民球場。明日22日は1回戦の仙台大-青森大、富士大-福島大が行われ、それぞれの勝者が23日の決勝を戦う。

 注目の的は、20日に行われたプロ野球ドラフト会議で阪神から2位で指名された富士大の最速152キロ右腕・小野泰己投手だ。身長184センチの長身から繰り出す速球にフォークを織り交ぜる本格派。秋季リーグ戦では5勝0敗で最優秀選手賞とベストナインを受賞した。ドラフト指名時の会見では「もう一度、神宮に行っていいピッチングをしたい」と、今大会への意気込みを口にした。

人気記事ランキング