野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 上原以来の救援投手MVP インディアンス左腕は「13年のコウジを想起させる」

上原以来の救援投手MVP インディアンス左腕は「13年のコウジを想起させる」

ナ・リーグ優勝決定シリーズは20日(日本時間21日)、カブス(中地区1位)がドジャース(西地区1位)を8-4で下し、3勝2敗と突破に王手をかけた。

20161021_miller

打者26人から14Kのミラー、リーグ優勝決定シリーズの救援投手MVPは史上4人目

 ナ・リーグ優勝決定シリーズは20日(日本時間21日)、カブス(中地区1位)がドジャース(西地区1位)を8-4で下し、3勝2敗と突破に王手をかけた。22日(同23日)はシカゴに舞台を移して、第6戦が行われるが、すでにア・リーグ優勝を決め、ワールドシリーズで待ち構えているのがインディアンスだ。ア・リーグ優勝決定シリーズではブルージェイズ(ワイルドカード)に勝利。19日(同20日)に行われた第5戦に3-0で完封勝利し、対戦成績4勝1敗で19年ぶりのワールドシリーズ進出を決めた。

 最優秀選手賞(MVP)に選ばれたのは、中継ぎ左腕アンドリュー・ミラーだ。今季途中にヤンキースからトレード移籍してきたミラーは、守護神アレンにつなぐセットアッパーとして“勝利の方程式”の一角を担った。第5戦も6回途中にマウンドに上がると、2回2/3を投げて無失点救援。今シリーズは4試合に登板し、合計7回2/3を投げて3安打14奪三振無失点と神懸かった活躍ぶり。対戦した打者26人から14奪三振を記録し、3ホールド1セーブをマークした。

 米スポーツ専門局「ESPN」公式サイトによれば、リーグ優勝決定シリーズで救援投手がMVPを受賞したのは史上4人目の快挙。デニス・エッカーズリー(1988年)、マリアーノ・リベラ(2003年)、そして2013年の上原浩治に次ぐ受賞となった。

 上原がMVPに輝いた2013年、ミラーはレッドソックスに所属。この年は7月に足を負傷して、シーズン残りを棒に振った悔しさがある。その年、破竹の活躍でレッドソックスを世界一に導いたのが上原だった。セットアッパーとクローザーとの違えはあれど、かつての同僚のようにミラーが世界一に向けてのキーマンとなる可能性は十分だ。

人気記事ランキング