野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

仲間の励ましに溢れ出た涙 ドラフト指名漏れの桃太郎が「2年後」へ再出発

明治神宮野球大会の出場をかけた、第8回東北地区大学野球代表決定戦の準決勝が22日、宮城・仙台市民球場で行われた。仙台大は青森大に2-1で辛勝。20日のプロ野球ドラフト会議で指名漏れした仙台大の3番・松本桃太郎内野手(4年)は1打席目で先制点の足がかりになるセンター前ヒットを放った。

20161022_momotaro

ドラフト指名漏れの桃太郎に仲間の励まし、「2年後の指名」へ涙の再出発

 明治神宮野球大会の出場をかけた、第8回東北地区大学野球代表決定戦の準決勝が22日、宮城・仙台市民球場で行われた。仙台大は青森大に2-1で辛勝。20日のプロ野球ドラフト会議で指名漏れした仙台大の3番・松本桃太郎内野手(4年)は1打席目で先制点の足がかりになるセンター前ヒットを放った。

 負けたら終わりの一発勝負。2-1で辛くも逃げ切り、松本は「トーナメントなので負けたら次がない。点差や内容はどうあれ、勝てたよかった」と息をついた。

 いきなり、チームに勢いを与えた。1回、2死無走者。松本の打球は二遊間を抜け、センター前に転がっていった。暴投で二塁に進んだ松本は、5番・郷古裕樹外野手(4年)の左越え二塁打で先制のホームを踏んだ。四球で出塁し、郷古の二塁打で三塁にいた大坂智哉内野手(4年)が暴投で2点目のホームイン。「1、2番が倒れ、僕が打てないと悪い空気で試合が始まってしまうと思った。いい形で先制できたと思う」と頷いた。

 仲間の励ましに結果で応えた。仙台六大学リーグでプレーした4年間で、通算120本の安打を放った。この数字は歴代1位だ。今秋は打率、本塁打の2冠にMVPと活躍。特別賞も受賞した。プロ志望届を提出し、20日のドラフト会議で指名を待った。夢の扉に手をかけたが、松本に吉報は届かなかった。

 松本が誰よりも努力してきたことを指導者やチームメートはよく知っている。ドラフト会議直後に森本吉謙監督からは「神宮大会に出て日本一になろう」「日本一のスラッガーになれ」と激励された。寮に戻ると、鶴田剛也外野手(4年)には「お前なら絶対に2年後、プロに行ける。絶対に神宮に行こう」と声をかけられ、ほかのチームメートからも「僕らの中ではお前が一番だから」などと励まされたという。

人気記事ランキング