野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 2連勝の広島は「ものすごく強かった時の状態」に 勝敗を分けた配球の差

2連勝の広島は「ものすごく強かった時の状態」に 勝敗を分けた配球の差

23日の日本シリーズ第2戦(マツダスタジアム)は、広島が本拠地マツダスタジアムで日本ハムに5-1で勝利した。連夜の快勝で2勝0敗とし、25日からは敵地・札幌ドームに乗り込む。

20150910_ogata

第2戦はリプレー検証が勝敗を分ける、「増井は気持ちの浮き沈みが出てしまった」

 23日の日本シリーズ第2戦(マツダスタジアム)は、広島が本拠地マツダスタジアムで日本ハムに5-1で勝利した。連夜の快勝で2勝0敗とし、25日からは敵地・札幌ドームに乗り込む。第3戦は今季限りでの引退を表明した黒田博樹投手が先発予定で、チーム一丸となって一気に王手をかけられるか、注目が集まる。

 第2戦では勝敗を分ける大きなプレーがあった。6回に本塁クロスプレーで広島・田中がアウトと判定されたが、日本シリーズ史上初のリプレー検証でセーフに覆り、決勝点が入った。日本ハムの先発・増井は直後にタイムリーエラーを犯して降板。流れは一気に広島に傾いた。

 勝負を分けたプレーについて、ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「増井はあそこで気持ちの浮き沈みが出てしまった。メジャーと違って、チャレンジがない日本では、まだ一般的ではないプレー。ああいうことがあると、選手には動揺があると思います」と分析した。ただ、それを差し引いても、日本ハムを圧倒する広島の強さが目立っている。

 DeNAとのCSファイナルは4勝1敗(アドバンテージ1勝を含む)で勝ち抜いたものの、打線は湿り気味だった。打率.833、出塁率.882と圧巻の数字を残したリードオフマンの田中がいなければ、苦しい戦いをとなっていた可能性もあった。しかし、日本シリーズでは初戦に持ち味の足を使った攻撃で先取点を奪って大谷を攻略し、第2戦はエルドレッドの2戦連発弾などで快勝。菊池は打率.333、丸は.600と、CSでは本調子ではなかった2人にも当たりが出ている。

人気記事ランキング