野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • パ・リーグ球団にドラフト指名された甲子園出場の選手たち

パ・リーグ球団にドラフト指名された甲子園出場の選手たち

10月20日、「2016年プロ野球ドラフト会議」が行われ、パ・リーグ6球団には育成ドラフトも含め全62人の選手が指名された。1巡目では今ドラフトで最も注目を集めた創価大・田中正義投手に5球団が競合。

20160901_imai

1巡目の単独指名には今夏優勝・今井(作新学院)、藤平(横浜)の2人

 10月20日、「2016年プロ野球ドラフト会議」が行われ、パ・リーグ6球団には育成ドラフトも含め全62人の選手が指名された。1巡目では今ドラフトで最も注目を集めた創価大・田中正義投手に5球団が競合。抽選の結果、福岡ソフトバンクが交渉権を獲得した。また、桜美林大・佐々木千隼投手には外れ1位では異例とも言える5球団が集中。千葉ロッテが当たりくじを引き当て、ここ数年続いている複数指名でのパ・リーグの強さを見せつけた。

 高校生では今春のセンバツ、今夏の選手権と甲子園に出場した選手たちの去就も注目された。1巡目では埼玉西武が夏の優勝投手・作新学院高の今井達也投手を、楽天は横浜高の藤平尚真投手をそれぞれ単独指名。夏の甲子園で一気に評価を高めた今井投手は伸びのあるストレートが持ち味であり、9月のU-18アジア選手権では背番号18を身につけた。

 埼玉西武の甲子園優勝投手の入団と言えば、1998年ドラフト1位の横浜高・松坂大輔投手(当時は西武)、現役では2014年ドラフト1位の高橋光成投手が思い出される。将来のエース候補として、その右腕に大きな期待が掛かる。

 他にも、埼玉西武の4位では2年時に春夏と甲子園に出場し、チームの切り込み隊長として活躍した鈴木将平選手がいる。今夏は静岡大会で敗れるも、侍ジャパンU-18にも選出され3番打者を任された。走攻守三拍子揃ったプレースタイルで「ポスト秋山」を狙う。

人気記事ランキング