野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 現役最終登板迫る黒田博樹 引退決断に米国ファンからも惜別の声相次ぐ

現役最終登板迫る黒田博樹 引退決断に米国ファンからも惜別の声相次ぐ

今季限りでの現役引退を表明した広島の黒田博樹投手が、25日の日本シリーズ第3戦(札幌ドーム)に先発する。誠実な人柄もあって、日米のファンから愛された黒田の引退はすぐに海を渡り、米国でも大きな話題となった。米国のファンも右腕の引退を嘆いている。

20140828_kuroda

日本S第3戦で先発の広島・黒田、現役最終登板となるのか

 今季限りでの現役引退を表明した広島の黒田博樹投手が、25日の日本シリーズ第3戦(札幌ドーム)に先発する。日米通算533試合に登板し、3340回2/3を投げてきた右腕のラスト登板となる可能性もあるだけに、大きな注目が集まる。

 黒田は18日に引退を表明。このニュースはすぐに海を渡り、米国でも大きな話題となった。海外FA権を行使して2008年にドジャースに移籍した黒田は、メジャー7年間で通算212試合に登板し、79勝79敗、防御率3.45をマーク。ドジャース、そしてヤンキースと両チームで結果を残し、誠実な人柄もあって、ファンから愛された。

 3シーズン所属し、先発ローテーションの軸として通算620イニングを投げたヤンキースでは、公式サイトのトップニュースで黒田引退のニュースを伝えた。また、ESPNやNBCスポーツ、ヤンキースの試合を放映する地元テレビ局「YESネットワーク」(電子版)、地元紙「デイリーニュース」など主要メディアも速報。米国のファンも右腕の引退を嘆いている。

 ヤンキース公式サイトの記事には、ファンから以下のようなコメントが寄せられた。

「私が読んだ全ての記事の中で、とても粋な男で真のプロ。素敵なキャリアにおめでとう、彼と彼の家族のご多幸を」

「援護を一度として受けないイニングイーターだった」

「勝ち得た引退後を楽しんで、グッドラック。ニューヨークであなたは懐かしがられているよ」

「とても尊敬するキャリアにおめでとう。無援護がなければより良いものだったろうに」

「ご武運を!」

「大好き! 5日ごとに110%を彼に捧げていた。決まって無援護で立往生していた」

「クロダはWBCトーナメントでタナカとともに日本を代表すべき」

「クロダはオトコ(DA MAN)だ!!!」

人気記事ランキング