野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、黒田から2打席連続ツーベース 後続が倒れて同点にはならず

日ハム大谷、黒田から2打席連続ツーベース 後続が倒れて同点にはならず

日本ハムの大谷翔平投手が25日、日本シリーズ第3戦で広島の黒田博樹投手から2打席連続二塁打を放った。

日本ハム

右中間を深々と破る二塁打

 日本ハムの大谷翔平投手が25日、日本シリーズ第3戦で広島の黒田博樹投手から2打席連続二塁打を放った。

 初対決は初回、1死一塁で三塁線を破る二塁打を放ち、続く中田の遊ゴロでの先制点を呼び込んだ。

 そして、2度目の対戦は4回。広島エルドレッドの逆転2ランが2回に飛び出し、1-2と1点を追う状況で先頭として打席に立った。2ボール1ストライクから、内角高めへのカットボールをフルスイング。詰まったかに見えた打球はグングン伸び、右中間フェンス手前で弾むツーベースに。2打席連続二塁打となった。

 しかし、日本ハムは後続が倒れ、大谷は生還できず。同点に追いつくことはできなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング