野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

U-23W杯が28日にメキシコで開幕! 初戦のニカラグア戦先発は本田圭佑

10月28日(日本時間29日)からメキシコ・モンテレイで「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」が開幕する。初代王者を目指して戦うのは、日本を含む12の国と地域。11月6日に開催される決勝戦まで10日間にわたり熱戦が繰り広げられる。

20161028_honda

プロ・アマ混合チームで初代王者の座を目指す

 10月28日(日本時間29日)からメキシコ・モンテレイで「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」が開幕する。初代王者を目指して戦うのは、日本を含む12の国と地域。11月6日に開催される決勝戦まで10日間にわたり熱戦が繰り広げられる。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今大会は、2014年に台湾で開催され、日本が準優勝した「第1回21U野球ワールドカップ」をカテゴリー変更したもの。「21U」では、21歳以下の選手を中心にチーム編成されたが、オーバーエイジ枠として23歳以下の選手も最大6人まで登録、3人まで試合に同時出場できた。今回のカテゴリー変更により、オーバーエイジ枠を廃止。大会として再出発を切ることになった。

 2年前の「21U」では、日本代表としてプロから鈴木誠也(広島)、近藤健介(日本ハム)、田口麗斗(巨人)ら、アマからも桜井俊貴(立命館大-巨人)、熊原健人(仙台大-DeNA)らが参戦。1次ラウンド、2次ラウンドを7勝0敗と全勝で1位通過したが、決勝では2位通過だったチャイニーズ・タイペイに0-9と大敗。惜しくも準優勝に終わっていた。

 新大会として再出発する今回。28日から始まるオープニングラウンドでは、12チームがグループAとグループBに分かれて総当たり戦を行い、上位3チームずつが11月3日(同4日)からスーパーラウンドにコマを進める。日本はグループBに組み分けされ、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、ニカラグア、アルゼンチン、オーストリアと対戦。グループAでは、韓国、ベネズエラ、メキシコ、チェコ、パナマ、南アフリカがしのぎを削る。

 プロ・アマ混合で結成された侍ジャパンU-23代表を率いるのは、巨人2軍監督を務める斎藤雅樹監督。現役時代は代表チームとは縁がなかったという指揮官は「プロ入りしてから34年経ちますが、初めてジャパンのユニフォームを着させていただく。楽しみと同時に責任感を感じますが、喜びに変えて頑張りたいです」と意気込んだ。斎藤監督をサポートするのは、侍ジャパン社会人代表監督を務める安藤強コーチ(本田技研)、日米球界で活躍した大塚晶文コーチ(中日2軍投手コーチ)、バルセロナ五輪銅メダルの三輪隆コーチ(オリックス2軍育成コーチ)の3人。首脳陣もプロ・アマ混合でチームを頂点へ導く。

人気記事ランキング