野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

刺激し合った3年の歳月 伝説の決勝投げ抜いた田口麗斗&山岡泰輔が紡ぐ物語

山岡泰輔投手(東京ガス)がオリックスからドラフト1位で指名された。172センチの小さな体から伸びのある最速152キロのストレートを投げる。高速スライダー、高速チェンジアップも投げ分ける右腕で社会人ナンバーワンの呼び声が高い。U18やU21といった日本代表のユニホームも着て、経験は十分。そんな山岡が脚光を浴びたのは瀬戸内高校3年の夏の広島県大会の決勝だった。

20161028_yamaoka

伝説の広島県大会決勝から3年、プロの舞台で再び始まるライバル投手の戦い

 山岡泰輔投手(東京ガス)がオリックスからドラフト1位で指名された。172センチの小さな体から伸びのある最速152キロのストレートを投げる。高速スライダー、高速チェンジアップも投げ分ける右腕で社会人ナンバーワンの呼び声が高い。U18やU21といった日本代表のユニホームも着て、経験は十分。そんな山岡が脚光を浴びたのは瀬戸内高校3年の夏の広島県大会の決勝だった。

 2013年7月28日。広島新庄との決勝戦だった。相手エースは今季、巨人で10勝をマークした田口麗斗投手。瀬戸内高のエース・山岡は9回1死までノーヒットノーランペースの快投だった。しかし、援護点はなく、スコアは延長15回、0-0の引き分け。15回1安打15奪三振だった。一方、広島新庄の田口も譲らず。13安打5四死球ながら、持ち前のスライダーを武器に19奪三振。失点のピンチもあったが、こちらも15回無失点に切り抜けた。

 2日後の30日に再試合。この試合も投手戦に。0-0の8回に瀬戸内が田口から先制し、そのまま逃げ切った。山岡は5安打完封勝利。瀬戸内が甲子園行きを決めた。田口は8回5安打1失点と惜しくも敗れた。勝者と敗者になったが、2人は爽やかに健闘を称え合い、熱い夏を終えた。

 高校野球を終えた田口は、高校野球を引退した初めての夏休み。甲子園のアルプススタンドにいた。理由は山岡を応援するためだった。自分は甲子園に出られなかったがライバルの姿を目に焼き付けた。

人気記事ランキング