野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】日本が白星発進! ニカラグアに6-1で快勝、斎藤監督「理想の試合展開」

【U-23W杯】日本が白星発進! ニカラグアに6-1で快勝、斎藤監督「理想の試合展開」

「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」が28日(日本時間29日)にメキシコ・モンテレイで開幕した。日本は初戦、ニカラグアと対戦。先発・本田(西武)が7回2安打無失点の快投で、6-1で白星スタートを切った。試合前のセレモニーでは,手違いで両国国歌の代わりに他国の国歌が流れるハプニングが発生したが、動じることなく落ち着いた試合運びで勝利を手にした。

20161029_otosaka

先発・本田圭佑が7回2安打無失点の快投! 3番から6番で全6打点を叩き出す

「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」が28日(日本時間29日)にメキシコ・モンテレイで開幕した。日本は初戦、ニカラグアと対戦。先発・本田(西武)が7回2安打無失点の快投で、6-1で白星スタートを切った。試合前のセレモニーでは,手違いで両国国歌の代わりに他国の国歌が流れるハプニングが発生したが、動じることなく落ち着いた試合運びで勝利を手にした。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 投げては、先発を務めた本田が力強い速球を軸に、カーブやチェンジアップでニカラグア打線のバランスを崩し、付け入る隙を与えなかった。初回先頭から4回1死に2番・アレグラに遊撃内野安打を許すまで10者連続凡退。6回1死から二塁内野安打を許すが、次打者を投ゴロ併殺に打ち取って二塁を踏ませず。7回を2安打1四球3奪三振無失点と、文句なしの快投劇だった。

 8回からマウンドに上がった2番手・塹江(広島)は、制球が定まらずに1イニングに4四球を与えて、2死満塁のとしたところで降板。後を継いだ3番手・岸本(中日)が1球で右飛に打ち取る無失点救援。9回には4番手として歳内(阪神)が登場。2死一塁から連打を許して1失点したが、しっかり試合を締めくくった。

 打線は基本に忠実な手堅い攻撃で点を重ねた。2回、先頭で打席に立った4番・真砂(ソフトバンク)がフルカウントから四球を選んで出塁。次打者・山下(DeNA)の打席で一塁への牽制悪送球を誘うと、送球が転がる間に三塁へ。山下が一邪飛に倒れて1死三塁としたところで、「1点欲しかった。外野フライでいいという楽な気持ちで打てた」という主将・三好が左翼へ犠飛を放ち、1点を先制した。

 5回には先頭だった廣岡(ヤクルト)が左翼線二塁打で先陣を切ると、続く武田(オリックス)が四球で出塁。植田(阪神)がきっちり送って1死二、三塁と得点機を広げ、乙坂(DeNA)が右犠飛、真砂が左翼二塁打と続き、一気に2点を追加した。

 9回には、1死三塁から乙坂の打球を捕った一塁手が本塁へ送球したが、三塁走者だった武田が一足先に滑り込んで1点を追加。真砂の中前打で1死一、二塁とすると、山下が右翼線へ走者一掃三塁打を放ち、さらに2点を挙げた。

 投打のかみ合った勝利に、斎藤監督は「先発がしっかり抑えて、打線は少ないチャンスを物にする、というウチの戦いがよくできた」と満面の笑み。29日(同30日)は、2014年「第1回21U野球ワールドカップ」で優勝したチャイニーズ・タイペイと対戦するが「今日みたいなゲームができるように頑張りたいです」と意気込んだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング