野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】白星発進の立役者 打たせて取る…猛暑でハマった本田圭佑流のピッチング

【U-23W杯】白星発進の立役者 打たせて取る…猛暑でハマった本田圭佑流のピッチング

28日(日本時間29日)にメキシコ・モンテレイで開幕した「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。初戦をニカラグアと戦った日本は6-1と快勝したが、白星発進の立役者は、なんと言っても先発を務めた本田圭佑(西武)だった。

20161029_honda

7回を2安打無失点の快投劇! 「打たせて取るピッチングが自分の持ち味」

 28日(日本時間29日)にメキシコ・モンテレイで開幕した「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。初戦をニカラグアと戦った日本は6-1と快勝したが、白星発進の立役者は、なんと言っても先発を務めた本田圭佑(西武)だった。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 試合開始時間の気温は優に30度を超えた暑さの中、第1戦の先発という大役をしっかり成し遂げた。「打たせて取るピッチングが自分の持ち味」という言葉どおり、初回からゴロを打たせてアウトを重ねた。4回1死から2番・アレグリアに遊撃内野安打を許すまで、打者10人を連続凡退。6回1死から二塁内野安打されたが、安打はこの2本だけ。打球が外野に飛んだのも、わずか3度だけだった。

 事前に対戦相手の情報は何もなし。試合前の練習で初めて見たニカラグアの選手たちは、想像以上に体格がいい選手ばかり。「大きい選手もいたし、抜け球は怖いと思って」と、普段以上にゴロを打たせるスタイルを徹底させた。打順が一巡する頃には「真っ直ぐを狙っている」と察知し、「まず真っ直ぐを低めに集めて、あとは変化球で打たせよう」と意識。この日、特に「よくコントロールできた」というカーブで、ニカラグア打線を翻弄した。

 プロ1年目右腕の快投に、斎藤雅樹監督は「今日は本田がナイスピッチングでした。ストライク先行で、まったく寄せ付けなかったね」と手放しで褒めた。好投の要因として「初球の入り方がよかった」と指摘。「カウントを(投手)有利にすれば、ブンブン振ってくるバッターが多いから、敢えてストライクゾーンで勝負をしなくてもよくなる」と、相手の打ち気をうまく利用したスタイルが奏功した。

人気記事ランキング