野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、代打・下水流のタイムリー内野安打で同点に追いつく

広島の下水流昴外野手が29日の日本シリーズ第6戦で同点打を放った。

広島カープ

6回に試合は再び振り出しに

 広島の下水流昴外野手が29日の日本シリーズ第6戦で同点打を放った。

 1点を追う6回、先頭の松山が日本ハム石井からセンター前ヒット。日本ハムはここで井口にスイッチすると、鈴木はストレートの四球。広島は二塁に代走・赤松を送り、続く小窪が犠打で1死二、三塁。続く會澤は見逃し三振に倒れるも、代打・下水流が遊撃内野安打。三塁走者の赤松が生還して同点に追いついた。

 中島卓が左前に抜けようかという打球に食らいつき、二塁走者の鈴木は三本間で挟まれたが、捕手の大野がタッチできずに2死一、三塁とチャンスが続く。しかし、田中は一ゴロ。同点で試合は7回に入った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング