野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1高橋の投球を捕手目線で視察 ホークス工藤監督「結構いい球投げてた」

29日に始まったソフトバンクの秋季キャンプ。ブルペンでは初日から若手投手が競い合うように投球練習を行った。

20161029_takahashi

高橋の2年目飛躍に期待、「力の使い方を覚えればもっと良くなる」

 29日に始まったソフトバンクの秋季キャンプ。ブルペンでは初日から若手投手が競い合うように投球練習を行った。ルーキー・高橋純平が投球を始めると、高橋の背後に佐藤義則投手コーチ、捕手の後ろに工藤公康監督が付いてピッチングを見守る場面も見られた。

「純平、あまり低めを意識しなくていいから」

 ブルペンに、工藤監督の声が響き渡る。高橋のピッチングを捕手の後ろから見届けた工藤監督は、「今は試合で投げるわけじゃないし、しっかり指にかかった強い球を、同じところに集める感覚を身につけることが大事」と語った。

「結構いい球投げてたよ。あの位置(捕手の真後ろで捕手とほぼ同じ目線)から見るとボールの強さがわかる。147、148キロあたりで立ち上がって試合の中盤で150キロ以上出すような、そんな力の使い方を覚えればもっと良くなる」

 自らの現役時代の代名詞でもある背番号「47」を背負うルーキー。指揮官は、2年目の飛躍に大きな期待を寄せた。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング