野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】好調日本打線を牽引するリードオフマンと主砲 つなぐ意識が生む安定感

【U-23W杯】好調日本打線を牽引するリードオフマンと主砲 つなぐ意識が生む安定感

大会2日目を迎えた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」で、日本は同グループ最大のライバルと思われたチャイニーズ・タイペイを相手に15得点を挙げ、大会規定により15-3で7回コールド勝ちを収めた。

20161030_masago

快勝の2戦目、1番・武田&4番・真砂が2人揃って5打数4安打4打点の活躍

 大会2日目を迎えた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」で、日本は同グループ最大のライバルと思われたチャイニーズ・タイペイを相手に15得点を挙げ、大会規定により15-3で7回コールド勝ちを収めた。初戦ニカラグア戦では6点を挙げ、2試合で21得点。絶好調の打線を牽引するのは、リードオフマン武田健吾(オリックス)と4番を務める主砲・真砂勇介(ソフトバンク)の2人だ。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初戦から1番に座った武田は、5度打席に立ち、1安打2四死球で3度出塁、2度ホームを踏んだ。そして、2戦目のチャイニーズ・タイペイ戦では、第1打席に左翼線二塁打を放ち、真砂の左翼適時二塁打で先制のホーム。2回には大会初のグランドスラムを放つなど、5打数4安打4打点3得点と大暴れした。2試合で10打席に立ち、7度出塁、1つの送りバントを決め、凡退はわずか2度だけ。「しっかり塁に出てチャンスメイクすることを意識しているので、それがここでうまく出ていると思います」と話す。

 2戦目が行われたサルティージョは、標高1600メートルの高地にあるため、打球が飛びやすい。試合の流れを決めた満塁弾は、武田自身「あそこまで伸びるとは思わなかった」と驚いた様子。もちろん、大事な場面で一発が出たことはうれしいが、それ以上に意味を持ったのが、初回に打った二塁打だ。リードオフマンとして、初回に出塁して打線にいいリズムを与えたい。だが、前日の第1打席は補邪飛で凡退。2戦目で“仕事”を果たし、「初回は大事。今日はツーベースを打ててよかった」と笑みを浮かべた。

人気記事ランキング