野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-23W杯】侍ジャパンが開幕3連勝! 序盤苦しむも13安打10得点で逆転勝利

メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は30日(日本時間31日)、大会3日目を迎え、侍ジャパンU-23代表はアルゼンチンに10-2で勝利して開幕3連勝を飾った。先発の青山大紀(オリックス)が初回に2失点を喫したが、その後を無失点に抑えると、打線も3回に逆転に成功。以降、5イニング連続で得点を重ねて勝利した。

20161030_masago

真砂が同点2ランで反撃の口火

 メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は30日(日本時間31日)、大会3日目を迎え、侍ジャパンU-23代表はアルゼンチンに10-2で勝利して開幕3連勝を飾った。先発の青山大紀(オリックス)が初回に2失点を喫したが、その後を無失点に抑えると、打線も3回に逆転に成功。以降、5イニング連続で得点を重ねて勝利した。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 青山にとっては苦しい立ち上がりだった。初回、2本のタイムリーでいきなり2失点。味方の失策も絡んでの失点で重苦しい雰囲気が漂った。打線も2回まで無得点。しかし3回、1死二塁から真砂勇介(ソフトバンク)の2ランで追いつくと、吉持亮汰(楽天)にもタイムリー三塁打が飛び出して逆転に成功。以降、7回まで毎回得点を重ねてアルゼンチンを突き放した。

 初回に崩れた青山も2回以降は得点を与えず、6回2失点で降板。7回、8回と2番手の笠原大芽(ソフトバンク)が無失点で抑えると、8回を大野亨輔(MHPS横浜)、9回を岸本淳希(中日)が封じた。

 日本は序盤、投打で苦しみながらも終わってみれば13安打で10得点。投手陣も踏ん張り、開幕3連勝をマークした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング