野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-23W杯】侍ジャパン4番・真砂が逆転勝利導く一発「流れを変えられる選手に」

メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は30日(日本時間31日)、大会3日目を迎え、日本はアルゼンチンに10-2で逆転勝ちし、開幕3連勝を飾った。

201061031_masago

今大会初めて先制されるも、主砲が同点2ラン「流れを変えられる選手になりたい」

 メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は30日(日本時間31日)、大会3日目を迎え、日本はアルゼンチンに10-2で逆転勝ちし、開幕3連勝を飾った。守備の乱れも重なり、日本は初回に2失点。今大会初めて追う展開となったが、3回に4番・真砂(ソフトバンク)が起死回生の同点弾を放った。その後、日本は足を絡めた攻撃で得点を重ね、13安打10点で逆転勝利を飾った。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 苦しい立ち上がりだった。初回、先発のマウンドに上がった青山(オリックス)は、味方失策と安打などで2死一、三塁のピンチを招く。ここで5番ペドロッソをゴロに打ち取ったかに見えたが、遊撃・植田がまさかの送球エラー。1点先制され、なおも2死一、三塁の場面で左中間二塁打を許し、2点目を失った。

 日本は直後の2回表に無死一、三塁の好機を作ったが1点も返せず。斎藤監督が「本当に嫌な流れだった」と振り返るほど重くなった空気を吹き飛ばしたのが、2点を追う3回2死二塁で飛び出した主砲・真砂の一振りだった。

 アルゼンチン先発ペレスがカウント1-1から投げた3球目カーブを救うように振り抜くと、打球はグングン伸びて左翼スタンド看板を直撃する特大同点2ランとなった。この日、日本はペレスのカーブに苦しめられていたが、「カーブを狙っていこう」とロックオン。「流れは大切。流れを変えられる選手になりたい」という言葉どおり、逆転劇の突破口を開いた。

人気記事ランキング