野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】侍J4連勝&1位突破へ豪州と全勝対決へ 好調山下「明日打たないと意味ない」

【U-23W杯】侍J4連勝&1位突破へ豪州と全勝対決へ 好調山下「明日打たないと意味ない」

メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は10月31日(日本時間11月1日)、大会4日目を迎え、日本はオーストリアを16-0で下し、今大会初完封&5回コールド勝ちを収めた。

20161101_yamashita2

先発・勝野が4回零封「全力投球ができて、結果もついてきてよかったです」

 メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は10月31日(日本時間11月1日)、大会4日目を迎え、日本はオーストリアを16-0で下し、今大会初完封&5回コールド勝ちを収めた。これで開幕4連勝で、11月3日(同4日)から始まるスーパーラウンド進出決定。オープニングラウンド最終日は、同じく4連勝中のオーストラリアと1位突破を懸けて戦う。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 斎藤監督が「うちの野球がしっかりできました」と振り返るように、投打そして守りがかみ合った隙のない戦いだった。投げては、先発の勝野(三菱重工名古屋)が初回から力強いストレートで圧倒。球場の球速表示では自己最速となる151キロを2度記録した。3回には2死から2連打で一、三塁としたが失点は許さず。4回には「ブルペンでちょっと修正した」というカーブでカウントを取りにいくなど、緩急をつけた投球で3者凡退。「全力投球ができて、結果もついてきてよかったです」と笑顔を浮かべた。

 打線も手を緩めなかった。初回に2死一、二塁から5番・山下(DeNA)の右中間二塁打で2点先制に成功した。3回には、先頭の植田(阪神)が四球で出塁すると、4本の長短打と3四死球などで7者連続生還。4回にも6点を加え、4回までに16点を挙げた。初戦から4戦連続で5番に座る山下は、この日3打数3安打3打点3得点1四球と大活躍。相手先発投手はスリークォーター気味のフォームに加え、速球が平均100キロ台という変則ピッチャーだったが、しっかり対応。「自分もいい調整ができていたので、いい結果が出てよかったです」と喜んだ。

人気記事ランキング