野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム西川、広島鈴木らも… 山崎武司氏が選ぶWBC日本代表メンバーは?

野球日本代表「侍ジャパン」は、今月10~13日にメキシコ代表、オランダ代表との強化試合(東京ドーム)に臨む。現役時代、1996年に中日で本塁打王(39本)、39歳シーズンの2007年に楽天で本塁打(43本)、打点(108打点)の2冠王に輝くなど、通算403本塁打を放った山崎武司氏に独自の視点で来春のWBCへ向けて侍ジャパンのメンバーを自由に選出してもらった。

20161101_yamasaki

山崎氏も「すごい打線」と自画自賛、来春WBCへ元大砲が描く理想メンバーは?

 野球日本代表「侍ジャパン」は、今月10~13日にメキシコ代表、オランダ代表との強化試合(東京ドーム)に臨む。この4試合が終われば、いよいよ世界一奪回を目指す来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ、調整を進めていくことになる。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今回は初選出組も多く、特に投手陣はフレッシュな顔ぶれとなったが、本番にはどのようなメンバー構成で臨むべきなのか。現役時代、1996年に中日で本塁打王(39本)、39歳シーズンの2007年に楽天で本塁打(43本)、打点(108打点)の2冠王に輝くなど、通算403本塁打を放った山崎武司氏に独自の視点で来春のWBCへ向けて侍ジャパンのメンバーを自由に選出してもらった。

 まずは野手陣について、山崎氏は「打線の軸はだいたい筒香(DeNA)や、(山田)哲人(ヤクルト)になってくるんだろうけど……」としつつ、捕手の人選から着手。「問題はキャッチャーだよな。キャッチャーは(日本代表にとって)悩みのタネ。小林(巨人)も悪くないけど、リードがちょっとな……。でも、小林を入れよう。あとは炭谷(西武)を入れておいたほうがいいかな。1人ベテランが必要。もう1人は誰だろう。打撃のいい田村(ロッテ)にするか」。若手2人を含む3人で固まった。

 内野には「山田、坂本(巨人)、菊池(広島)、松田(ソフトバンク)、内川(ソフトバンク)、中田翔(日本ハム)かな。(坂本)勇人は今年の調子なら入るでしょ。内川は勝負どころでも今年は十分に使える。バッティングの内容も、また良くなっている。翔がファーストで内川がDHという使い方でもいい。哲人と菊池はポジションが重なるけど、哲人がサードに回って、菊池がセカンドでもいい」とした。では、今年台頭した若手はどうか。

「広島の田中や楽天の茂木もいいけど、WBCでどこで使えばいいかというと、ちょっと難しいかな。使うところがない。あとは代打か守備固めになってくる。野手はいい選手が多い。小久保監督がどういう野球を目指すかで変わってくると思う。でも、それだけ色々とバリエーションを考えられる選手がいるから、何とでもなる。『こいつしかいない』ということではなくで、ディフェンス重視で行くのか、足を使いたいのか、というので選手は代わると思うから。

 レギュラー陣は変わらないかもしれないけど。絶対的に守備ということだったら、中日の堂上を入れるかもしれないし。守備だけだったら、堂上を使ったら絶対に堅いから。そういうところをどう判断するか。ただ、レギュラー陣がそつなく守れる選手が多いからな」

人気記事ランキング